美少女JKにVRで媚薬を飲ませたら痴女化!やたら乳首をいじらせて濡れ濡れ(汗)美谷朱里

JK美谷朱里

色白美肌につり目という個人的にモロタイプの美谷朱里さん。

今回は親友の妹役で登場の彼女に、なんと媚薬を盛ってエッチしちゃいます。

 

まだほぼ処女に近いという設定だけあって、終始恥じらいがあるのが○

それでも気持ちよくなりたいという欲求に負け、自らキスを求めてきたり、おっぱいやオマンコを触らせてくるのがたまりません。

個人的にはクスリの効き目が現れ始めた時のなんとも言えない表情と、自分のお汁を「恥ずかしい」と言って舐めるシーンが白眉。

思わず自家発電がはかどってしまいました。

 

具体的なプレイの流れとしてはキス、パイ揉み、手マン、フェラなどの前戯があり、挿入は騎乗位、対面座位、正常位の順番で中出しフィニッシュ。

安定の美谷朱里といった感じの作品でした。

 

管理人の総合評価:★★★☆☆(3+)

「ごめんなさい…もっとしてもいいですか?」親友の妹がキスを求めて来て止まらない!

美谷朱里のおっぱい

親友の家に遊びに来たボクですが、外出中らしくそこにいたのは妹のみ。

一旦家に上がってお茶をいただいて待つことに。

 

しかしこの妹、めっちゃ可愛くて実は以前から気になっていた存在。

これはまたとないチャンスということで、隠し持っていた媚薬をこっそり彼女のお茶に投入。

しばらく様子を見ます。

 

すると1時間後、ようやく効果が現れたのか、ふらふらと意識を失いかける彼女。

介抱のふりをしてベッドに連れていくと、彼女の目はとろ〜ん♡

どちらからとはなしにお互い見つめ合うと、なんとも言えない間があったのちに、彼女の方からチュッ!

「ごめんなさい・・・」なんて言いながらも、「もっとしてもいいですか?」とさらに求めてきます。

 

ヒートアップした彼女はセーラー服の上から胸を触りだし、ボクの手をそこへ誘導。

「もっと触って・・・」どんどん欲しがり、ブラの上、そして生の美乳まで自らさらけだします。

そして色素が薄く可愛らしい乳首に指で触れると、過剰な反応を見せる彼女。

さらにカリカリしたり、つまんだりすると顔を歪ませ体をモジモジ・・・

さすが媚薬の効果は凄いもので、もうこっちのものと言う感じ。

 

「こっちも触って?」止まらなって下半身まで触らせてくる彼女。

するともうオマンコはトロトロになっており、指についてこのエッチな粘液を彼女の目の前で見せつけると、「恥ずかしい」と言って指ごとパクリ!

自らの雌汁をチュパチュパ舐める姿は最早痴女。

私の自家発電のギアもここから1段階アップしました。

 

攻守交代で、今度は彼女が責める番。

「オチンチンてこんなに大きくなるんですね・・・」ジーパンの上からチンポをなでわまし、脱がせると、「オチンチン舐めてもいいですか?」とウルウルの目で問いかけ、同時にオマンコを触らせながらまずはペロペロ。

次第に奥まで咥え込み、しょっぱくて硬いチンポを美味しそうにジュポジュポ頬張るのでした・・・

「お兄ちゃんにはナイショ・・・」快楽を知った少女がチンポに乱れる

そうして互いに我慢できなくなった2人。

すると彼女の方から「挿れてもいいですか?」とのことで、まずは騎乗位で挿入。

経験がほとんどないにもかかわらず、媚薬の効果で野生の本能が目覚たのか、巧みな腰使いでクネクネといやらしい動きを見せる彼女。

 

さらに対面座位に移行すると「顔が近いともっと興奮しちゃう」といってさらにズコバコ。

やはり彼女の可愛い顔を見ながらだとこちらの勃起度もさらに上昇。

 

そして最後は正常位。

「もっと激しく突いて欲しい」と求めてくる彼女の期待に応え、親友に若干の後ろめたさを感じつつ、もうどうにでもなれと未熟なマンコを突きまくり、そのまま彼女の中で果ててしまいました。

 

作品詳細

タイトル 【VR】前から目をつけてた親友の妹とはじらうキッス&とろけるSEX 美谷朱里
出演者 美谷朱里
監督 めめんと森
メーカー ケイ・エム・プロデュース
レーベル KMPVR
収録時間 61分
配信サイト FANZA