軽い気持ちで弟とAV見てたらヘンな気分に…三原ほのかのVR筆おろし

三原ほのかの主観手コキ

男性と女性が一緒にAVを鑑賞する作品は結構好きでたまに見るのですが、今回はVRで姉(三原ほのか)と一緒に見るという設定。

クチャクチャと卑猥な音が出る手マンのシーンになると自分よりも先に姉の方が反応し始め、その後誘ってくるまでの過程が楽しいです。

具体的なプレイとしては手コキから始まり、フェラ、キス、パイ揉み、おまんこ見せつけ、そして対面座位で中出しという流れ。

いざプレイが始まるとやや冗長な印象を受けましたが、概ね満足のいく作品ではありました。

管理人の総合評価:★★★☆☆(3)

姉にオナニーが見つかった!なぜか一緒にAV鑑賞していると・・・

イヤホンを付け、古川いおりのバイノーラルモノを見始めた僕。

しかしそこへふらっと入ってきたのが姉のほのか。

慌てて画面を切り替え、うまく隠せたかと思いきや、音漏れしていたらしく、なぜか一緒にAV鑑賞することになってしまいます。

恋人同士のようにイヤホン半分こで見続けていると、手マンシーンで妙にモジモジし始めた姉。

「お姉ちゃん変な気分になってきちゃった」なんて言いながら僕の股間をまさぐり、脱がせると、「おっきいね」主観手コキがスタート。

さらにお口でもしゃぶってくれます。

姉が巨乳過ぎて、もう我慢の限界!対面座位で中出し

三原ほのかの対面座位

「私に集中して?」と言ってまだ付けていたイヤホンを外すと、姉を抱っこする形でまずは服の上からおっぱい揉み。

ブラまで取ると、現れたのは白くて大きな理想的な巨乳おっぱい。

かつて風呂で見ていたそれとは違い、すっかり大人の体になった姉。

「エッチってしたことある?お姉ちゃんとしたくない?」まだ童貞の僕ですが、もうここまで来たら後戻りはできません。

そのまま対面座位でハメ、迫力満点の胸をゼロ距離で味わいながらズコバコ。

背面に移行すると、右手に置いてある鏡の役割がいい感じ。

フィニッシュは正面に戻り、中出しとなります。

作品詳細

タイトル 【VR】AV鑑賞中姉にオナばれした僕、そのまま一緒に観るハメに…最初はバカにしてた姉も興奮気味に迫ってきて性教育筆下ろし!
出演者 三原ほのか
監督 矢澤レシーブ
シリーズ AV鑑賞
メーカー SODクリエイト
レーベル SODVR
収録時間 64分
配信サイト FANZA