JKがVRで罵倒M男いじめ!強制オナニーからの杭打ち騎乗位でたまらず連続中出し(美谷朱里/水川かずは)

JKの罵倒責め

割と質のいいM男モノVRがあったのでご紹介。

美谷朱里&水川かずは主演で、JKに扮した彼女たちが罵倒を連発してきます。

「キモい」だの「くさい」だの言われながらの強制オナニーや、罰ゲームとして本気で嫌そうにされるキスはM男心をくすぐるものがあり、惨めな気持ちで自家発電することができました。

しかし後半はチンポを挿入することとなり、いざ挿れてみると乙女の声を出してしまう2人。

最後はみんなで一緒に気持ちよくなってのハッピーエンドとなります。

管理人の総合評価:★★★★☆(4)

「早くシコれよ」ゴミを見るような目でオナニーを強要してくる女子校生

放課後の教室でオナニーしているところを見つかってしまうというシチュエーション。

初めは「何してるんですか?」と敬語ですが、こちらがモジモジしていると突然オラオラ口調になってキレ始めます。

続きをやれとのことで、「馬鹿にされてんのにチンコ勃たせてんの?」「キモいよね〜」「くさそう」「チンカスついてね?きったな!」など罵詈雑言を連発。

 

特に水川さんの罵倒はなかなか胸を打つものがあり、恐怖や惨めな気持ちに比例するように勃起率は上昇。

美谷さんの方はこういった役が苦手なようですが、まあ頑張っていると思います。

 

途中からは徐々にオナサポのような展開に。

パンツを見せたりお尻を見せたりおっぱいを見せたり、はたまたチンポをローファーでぐにぐにと踏み潰すシーンまで。

まあ本気の靴コキではないですが、これは嬉しいポイント。

欲を言えば強めに踏みつけてほしいですし、顔面に蒸れた紺ハイソなどを押し付けてくれると最高なんですが・・・

 

そして個人的に良かったのは、じゃんけんで負けた方がボクとキスをするというゲーム。

これに水川さんが負けると、半笑いしながら「マジでやだ」「マジでキモいから見ないで」などと言って嫌々キスしてきます。

これは良い意味で堪えるものがありました。

あくまで「バイブ」として使われるボクのチンポだが・・・

そんなこんなでいじめられ続けるのですが、「これ入れたらヤバそうじゃね?」なんていう会話が彼女たちの口から出始めます。

そしてパンツを巻き付けて手コキしたりフェラしたりしながらマンコを触らせると、嫌と言いつつまずは水川さんから騎乗位で挿入。

 

もはや人間扱いされていないのであくまで「バイブ」としてチンポを使われるのですが、相当良いみたいで「やばい」を連発する彼女。

杭打ち&グラインドで腰を前後上下に動かしまくり、中出しフィニッシュとなります。

 

間髪入れず今度は美谷さんが挿入。

同様に騎乗位→背面騎乗位→騎乗位で中出しという流れでした。

 

まあ不満な点をあげればきりがないですが、VRのM男モノとしては出来は良いほうだと思います。

作品詳細

タイトル 【VR】クラスメイトのパンモロミニスカ痴女に罵倒されながら性処理用肉棒として扱われガニ股騎乗位中出しSEX
出演者 美谷朱里 水川かずは
監督 らくだ
メーカー SODクリエイト
レーベル SODVR
収録時間 97分
配信サイト FANZA